コーディング代行の大まかな流れ

コーディングを代行業者に依頼する際、その流れを掴んでおくとスムーズに進む場合がありますので、専門業者にコーディング代行を依頼する際の流れを覚えておきましょう。

まずはコーディングをしてくれる、代行業者の選定です。ネット上には数多くの代行業者がいますので、その中から選びましょう。その場合、複数の業者から見積もりをもらう、見積もり合わせを行うと良いです。1社だけでなく複数業者を比較検討することで、より条件の良い業者が見つかる可能性があります。見積もりについては一括見積もりができるサイトもありますので、確認しておきましょう。

コーディング代行業者が見つかったら、次はデータの入稿です。コーディングしてもらうデザインデータなど、必要となる素材を専門業者に入稿してください。この際、制作について不明な点があるときは、業者から確認の連絡が入ることもあります。

データの入稿が終わると、いよいよコーディング作業が始まります。コーディングが開始した後は仕様の変更などはできませんので、変更があるときは早めに連絡しておきましょう。コーディング作業が完了すると、テストURLで確認できます。確認後、特に問題がなければ、納品完了メールが届きます。